シミュレーション仮説について語ろうwwwwwww

1:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:12:15 1qM
人の脳、あるいは体を含めて
コンピュータの中でシミュレートすることは
可能だろうか
コンピュータの中の人が、
人と同じ意識を持つことは可能だろうか



スポンサーリンク



2:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:13:00 iUf
出来るんじゃね
3:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:13:27 9VY
無理
4:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:14:37 1qM
無理、可能である根拠はあるだろうか?
5:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:16:22 iUf
行動ってつまり乱数だろ
完全な乱数なんて無いんだから再現できるっしょ
6:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:18:18 1qM
仮に可能であるとしよう
CPUクロックをどんどん下げていくと人の思考に変化は起こるだろうか
7:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:22:57 EdY
それ、いつを基準にしてんの?
8:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:23:33 iUf
処理速度が落ちるだけだから変わんなくね
IPCが下がるなら動作は単調になるだろうけどさ
9:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:23:52 OoP
完璧にシミュレーションしようとすると対象そのものになってしまうと思っている
10:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:24:15 JAM
前にテレビで人工知能が最近は人間に嘘をつく
ってニュース見た
相手の感情を考慮した返答が事実でなくても良いって判断ができるのね
12:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:25:31 EdY
>>10
今のやり方だと、高効率で選択するってだけだから、嘘をいってるのではなく
嘘になることも選択するというだけだよ
13:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:26:16 JAM
>>12
なるほどそういう事なのね
ありがと
11:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:24:51 1qM
メタ的な要素であるCPUクロックと
シミュレーション内の人の思考に
関連はないと思うので
思考は変わらないと考える
ただ、上位世界から見れば思考はゆっくりになった
ように見えるはず
17:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:29:47 JMx
>>11
内面的な変化は無いけど見かけの変化はあるんじゃないか?
例えばブラックホールに落ちてゆく人みたいな、時間的な歪みとか
19:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:31:18 1qM
>>17
そうだと思う。
本人は気づかないが外の世界から見ればわかる
14:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:27:08 iUf
相対的に見ればそうなるっしょ
電車とホームの考えと一緒
15:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:28:44 1qM
この場合、シミュレーション内の人間の思考とは
なんだろうか、
あるメモリ状態とあるメモリ状態の
差分でしかないのだろうか
21:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:34:47 1qM
本題は>>15である
思考とは上位世界コンピュータの何だろう?
計算すること自体だろうか
メモリ状態の差分だろうか
クロックを落としても問題ない、
デジタルの連続データであるわけで
データとデータの間にあるものは
無ではないだろうか
16:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:28:45 iUf
逆に言えば処理速度をあげれば未来予想も可能って事
18:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:30:31 1qM
>>16
シミュレーション内世界の予想はできるだろうけど
それは上位世界とはリンクできないと思われる
20:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:33:15 iUf
そりゃそうでしょ
現実と同じ人間をトレースしてるわけじゃ無いんだし
仮想の中での話よ
22:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:39:47 iUf
手を動かす=行動=計算なら行動する時に人間は必ず思考するわけで計算になるだろうな
計算する上で処理が必要だからメモリになるわけでしょ
23:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:43:25 1qM
>>22
つまり、シミュレーション内の人間の意識は
上位世界のCPUによる計算である
ということ?
24:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:48:21 iUf
そうでしょ
だってCPUが止まれば全部止まるっしょ
CPUが止まった状態でも動いてたら違うだろうけど絶対にそんな事はありえないわけで
25:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:48:40 1qM
それはプログラムで人工自我を作った場合、
if文で人間の思考を模したものであって
人の意識とは違う気がする

人の自然自我をシミュレートすることにはならない
のではないだろうか
26:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:55:05 iUf
前提がおかしくなってね
コンピュータでシミュレートする上で違う方法があるの?
27:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)11:56:27 1qM
コンピュータ内に人間の脳を
シミュレートして、自然自我を発生させる
31:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)12:09:31 iUf
ランダム性が介在する計算ならなるでしょ
普通の計算なら電卓と一緒だから意味無し
32:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)12:12:28 1qM
>>31
ランダム性というけど、
人の思考のどこにランダム性があるんだろう?
33:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)12:14:46 iUf
右行くか左行くかとかっしょ
一つの答えしか無い問題じゃあ意識は介在しないけど複数の答えがあるときは意識が必要でしょ
34:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)12:21:06 B1M
再現するのは思考そのものじゃなくて
脳内物質の分泌から起こる脳神経の働きの方だろう
その働きが結果として思考になってるわけだから
35:名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)12:48:20 1qM
右行くか左行くかがランダムだとは思えないけど
シミュレーションできるということは
時間を進めれば未来も見えるわけだから
決定論的なんだと思う

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1498183935
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク





[ 2017/07/05 14:04 ] 雑談 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ